新聞社、赤穂市議選アンケートについて答えました


こんにちは 赤穂市議 山野たかしです。

昨日は片山参議院議員とパオーネ前で街頭など頑張りました。夜は疲れて寝落ち・・・更新できませんでした

今日で選挙も3日目が終わりました。体がしんどい・・・
でもあと4日頑張りますよ♪

目次
新聞社のアンケートを深める
赤穂民報アンケ―ト

 


新聞社のアンケートを深める

1 牟礼市政は

今の時代首長はホント大変だと思います。お金がなくやりたいこともやれません。
しかし、どんな街づくりがしたいのかよくわかりません。自分のやりたい事をもっと自分の言葉で市民に伝えていって欲しいと思います。
私が首長だったら即2市1町で合併ですけどね、、目指すものは誰でもあると思います。

 

2 最も力を入れたいこと

地方分権は日本維新の会が掲げる政策ですけど、私はこれが一番実現してほしいものです。国と地方だけでなく、これは地方自治体内でも同じです。当然、加里屋と坂越が同じはずがありません。
「自分達でできる地域の自立」というのが私の目指すところです。

今回の総合計画で前回あった各地域の項目がなくなっていました・・・そんなのあったことは誰も知らないですけどホント残念です。

 

3 議会改革は
なんでしょう、期数のバラツキのせいでしょうか・・・会派を超えた政策勉強会の開催というのが必要ではないかと思います。

 

4 市職員の汚職事件は
ない方が良いに決まってますが、ないということはないと思います。

 

5 産業廃棄物最終処分場は
いぢわるな質問ですけど、赤穂を守るのが我々の仕事です。

 

6 高取峠のトンネル化は
質問内の現状というのがよくわかりませんが、厳しいと思います、粘り強くいきましょう。

 

7 総合計画の人口目標は
達成して欲しいです

 

8 学校給食費の完全無料化は
目指すべきところなのでしょうけど、財政的にしばらく厳しいと思います

 

9 小中学校の統廃合は
枠が決まらないと効率的な街づくりなんてできないと思います。
早く進めるべきです。

 

10 コロナでの支援策は
3月議会において行政っていうのはとにかく平等から離れられないのを感じました。
本当に困ったところに届いて欲しいと思います。

 

11 市民病院は
経営形態を変えただけで即改善するはずがありません、公営企業法であってもダウンサイジングと営業努力でもそれなりの改善は可能ではないかと思います。
今年から県の職員さんが事務局長となるようです。どんな方が来られるのか期待ですね♪

 

12 議員定数は
人口減少のペースを考えると次回は18を見直す時期なのかもしれません

 

13 議員報酬や政務活動費は
議論の余地はありません

 

14 女性市議の候補者割合は
割合だけで考えるのは違うと思います。しかし、女性だから介護、子育て等があるからと立候補できないのであるならば障害を取り除く社会的整備は進めるべきです。

 

赤穂民報アンケ―ト

私の周りからも新人のみ掲載することに納得いかない意見を多数聞いております。その意見を私は行動で代弁します

新人だからなんでしょう、何年もかけて自分の考え、存在を知ってもらって立候補することもできるのです。さんざん新人を有利に宣伝してからこれですか。

立候補準備も含めてスタートは全員同じなのが選挙というものではないですか。
なぜ山野はアンケートを載せないのかと票が減ってもかまいません、おかしいもはおかしいと言うのが私の政治姿勢です。

考え方なんていくらでも選挙中に伝えますよ
しかし事前の有料広告は選挙違反ですから無料広告もしかりではないのか
立候補予定者自らの意思で掲載を求めているわけですからね・・・

 

The following two tabs change content below.
赤穂市議会議員( 1974生) 山野商店・不動産営業・行政書士となんでも屋さんです。 よくわからないながらにネットを駆使し情報発信と意見集約に励んでいます!!