今日は建設水道委員会。赤穂市6月議会妄想通告


こんにちは 赤穂市議 山野たかしです。

今日は所属する建設水道委員会でした。議案としては、昨年のプレミアム商品券の返還分だけで特に何もありませんでした。中身は本会議で他の議員さんが聞いたのでほぼそれだけだと思います。

その他のところで、事業者の皆さんが期待している、給付金の中身を尋ねましたが、まだ何も決まってないとのことでした。6月下旬開始なので、まぁ来週中には中身が決まると思います。

私も申請対象なのですが、議員報酬もらってるだろ・・・とか言われそうでなんとも悩ましい所です・・・

目次
赤穂市中小企業応援給付金
赤穂市6月議会妄想通告

 


赤穂市中小企業応援給付金

赤穂市では売上20%減の方が対象なので、国の持続化給付金からもれている所にも手が届きます。金額的には10万円と家賃のある方は5万円、ぜひ対象者の方には皆さん申請して欲しいですね。

国の制度にしても色々ありすぎて自分の当てはまるものが分からない方が多いと思うのですが、商工会議所での相談だけでなんとかなっているのでしょうか。自分では把握できませんが、せっかくある制度ですから受けれるものはきちんと受けて欲しいですね。

 

赤穂市6月議会妄想通告

あと今日が一般質問の通告締切でした。が、何かひっかかって通告を出せませんでした・・・

1.コロナにおける対応について
    学校における学力確保について
    避難所、投票所の対応について
2.民法改正の対応について
3.砂子踏切の待避所設置について

こんな感じでだそうかなぁと思っていました。コロナ対策については第3弾があるようで、次は学力確保、教育バウチャー(塾代補助など)が適当であると自分では考えています。進学のある中学3年生においては替えの利かない大事な年です。コロナのせいで影響を受けるのではもったいない。
しかもまた休校になるとも限らないなか、学校の取組はどうなのか聞きたいと思っていました。

 

避難所に関しては県の方でガイドラインが出ています。
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk42/documents/202006overview.pdf
無理があるのではないかと思う所もありますので市の対応が気になりました。投票所に関しても同じですね。近々都知事選がありますので都の取組が気になります。

 

あとは民法改正ですね。債権など大幅に改正が行われて自治体においても市民においても大きな影響があります。公営住宅の条例改正など先にありましたが、他にも消滅時効など色々あります。
もちろん対応は万全であると思いますけどね・・・

深く考えずに出しとけば良かったのかもしれません。誰しも当然やって欲しい、これが必要と思うことはあるのですが、まぁ・・・

 

 

The following two tabs change content below.
赤穂市議会議員( 1974生) 山野商店・不動産営業・行政書士となんでも屋さんです。 よくわからないながらにネットを駆使し情報発信と意見集約に励んでいます!!